So-net無料ブログ作成

擬人化小説 [小説]

もう11時ですか・・・
なぜか小説の最初の文が小言になってきましたね・・・
残りは明日の朝にしよーかなーと思いつつ今するという^p^

ヘルバ様宅の繁縷様です。
お持ち帰りはヘルバ様のみとなります。
小説は追記からどうぞ。


「ねー繁縷ー」

「何?またくだらない話かい?」

「ちょ、くだらないって何さっ!さっき超ーイケメンの人が居たっていう盛り上がる話なのに!」

「…はあ。その話は聞きあきたよ」

「きいてよーっ泣」

「ああ もう聞きあきたっていっとんの!」

「な、なにさ。急に怒んなくたって…」

「お前はいちいちいちいちイケメンがどうたら…呆れるわ」

「はあああ!?そんな事言うなら彼女でもつくっておいでよっ!!
人を可愛いって思った事もないの!?だっさあーっ!!」

「言わしておけば…
彼氏ができたと思ったら中身見てへんくて浮気されたとか言って泣いとったのはどこのどいつだっけなああ!!」

「うっわ!!まだそんな昔の事覚えとったん!?趣味わるっ!!」

「お前が泣きついてくるから嫌でも記憶に残ってんだよ!!悪いか!!」

「…悪くない。」

「…え?いきなりどうした?」

「いやー…あたしたちいっつも喧嘩してるなあって思って。」

「ん…そういえばそうだな。」

「喧嘩する程なかがいいっていうけどさ…」

「うん。」

「あたしはあんたとなかいいのは嫌だああああ(叫」

「はwww言ったなwww」

「だってさああああwww」


この後も繁縷とグレープ★の喧嘩は続いたとさ…



「はあ…っ はあ…っ」

「なんだよ もうおしまいか?」

「叫゛びずぎで声゛ガラガラに゛な゛っ゛ぢゃ゛っ゛だーorz」

「(爆笑)お前サイコー」


2010-04-04 23:09  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。