So-net無料ブログ作成
検索選択

どうも、&擬人化小説 [小説]

おはよーござます。
今日も塾らしく・・・疲れます。
キーボードが重い!打ちにくい!
小説という文字がよく
しょうstふ とか・・・になります。

さーて、残りの5人頑張ります。
昨日は絵の写真を真夜中にパシャパシャ撮っていました。
カメラ音うるさくて半端ない。
絵を載せるのはまた明日?かな。

絵を全部載せ終わったら1万ddくらい抽選で配ろうかなーって。
少ないね、ごめんなさい。
でもしちゃうんだよねー。
おまけでWMも・・・。55Pとかいるの?←
詳細はまた今度ーノ



お持ち帰りは美鈴様のみ。
2作目でーす



あたしは見つけた。
恋人の慧屡が他の女と歩いているのを…。
固まったまま動けない。
なぜ?あたしは貴方の何?その女は誰?
あたしはただただ慧屡を遠くから見つめる事しかできなかった。

眠れない夜が明け、新しい1日が始まる。
しかしあたしには1日を過ごせるような元気もない。
寝ても覚めても昨日の事が頭から離れない。
考える度に涙が頬を伝う。

もう…おしまいなのかな。

何があっても時間は止まらない。もう学校が始まっている。しかし…

学校には慧屡がいる。

その日は仮病で学校を休んだ。

気づけばもう夜だ。泣きはらした目は真っ赤になり腫れている。

こんなんじゃ明日外出られないや…

目を冷やす為の氷を用意しようとしたが なきつかれた為いつの間にか眠ってしまった…
ふと目が覚めると10時。
陽が照りつけて眩しい。
…あ。

◇紅葉◇の目の先にはバイクにのった慧屡。
慧屡はバイクを降り、あたしの部屋の方を見た。

やばい 目合ったかな!?

下でチャイムが鳴った音がした。意を決意してあたしは玄関へ向かった。

「…おはよう。」

「何の用?あたしにもう飽きたのに?」

「は?なにいってんの?」

「あたし見たの。慧屡が女の子と夜デートしてたのを…。」

「……」

「何か言ったらどうなの!?」

「デート?」

「うん」

「…ああ、あれか。」

「……」

「あれはな、友達の彼女 笑
あいつの彼氏がもうすぐ誕生日だからよ、
プレゼント選んでほしいって頼まれて一緒に行っただけw」
「デートじゃん。」

「あともう1つ理由があるんだよ。」

「何?」

「あの子の趣味とお前の趣味と似てるんだよ。」

「どういう事?」

「趣味が似てるっていう事はお前の欲しそうなものがわかるかもって事。」

「わけわかんない。」

「え、まだわからん?今日お前の誕生日じゃん。」

「…あ。」

「だからさ、買い物一緒にきてって頼まれた時にラッキーって思ってさ。
一緒に選んでもらったよ、プレゼント。
これ…気に入ってくれるかな。」

「あっ…蝶のネックレス…」

「どう?なんか今人気らしーけど俺わかんねーからさ。
でもお前に似合うと思う。」

「これ欲しかったの!ありがとう!
選んでくれてたんだね…浮気してると思ってごめんなさい!」

「え?そんな事思ってたのかwww
…俺は◇紅葉◇しかみえねーよ。心配させてごめんな。」

「ううん、いいの。」

「ありがとう……誕生日おめでとう、◇紅葉◇
…大好きだよ。ずっと俺と一緒にいような…」

優しくだきよせられた◇紅葉◇はそっと背中に腕を回した…


2010-04-06 10:20  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

美鈴

ふあー><
2つとも書いてくれて有難うw
めっちゃ嬉しいよwww
千華ちゃん天才w
面白いよおおおおおおおw
満足ですw
もう死んでもいいです(・∀・)
マジで有難うw

んで、ブログの書き込みも有難う♪
全然可愛くないですけどもね・・・w(

んでは(。・ω・)ノ゙
by 美鈴 (2010-04-07 00:05) 

千華

天才とか・・・
嬉しいよおおおおおおw(何
美鈴ちゃんのためならなんでも!だから←

コメントありがとう^^
by 千華 (2010-04-07 16:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。