So-net無料ブログ作成
検索選択

擬人化小説 [小説]

10分で1作しか載せれない。
時間かかりますねー。
5作載せたら50分ですか。
やばいです、高校の宿題残ってます


お持ち帰りはケロゆりんこ様のみです


「毬音ー…」

「何?グレープ★」

「あたしさどうしてもお弁当に入ってるあれ…緑の…」

「もしかして…ピーマン?」

「そう、それ。それ食べれないんだよねー。
食べないと千華ちゃんに怒られちゃうし…どうしよう」

「あれは私達リヴリーの食べるものじゃない!!あたし達は虫食べるんだし!!」

「あれ?毬音ピーマン嫌いだっけ?」

「奴の名前聞くだけで鳥肌がたつ!!」

「へー…笑 毬音は大人なのかと思ってたら案外子どもっぽいところあるんだ(`∀´)」

「言ったわねー!!」

「えwwwなんか怖いwwwにげるー!!笑」

「待ちなさいよっ」


毬音は自慢の俊足で走る。
運動音痴のグレープ★は到底逃げ切る事など不可能だ。


「あーもうだめっ!!」

「えぇぇ!?まだ全然じゃん!!」

「毬音走るのはやいよー 笑」

「このあしはグレープ★追っかける為にあるんだよーっ!!」

「やめてー笑」

「あははっwww」

「あっ!!毬音の後ろにピーマンおばけだ!!」

「えっうそっ!! 」

「嘘だよーん(笑)」

「うわwww」



このあとも毬音とグレープ★のおっかけっこは続くのであった


2010-04-06 10:27  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

毬音

うp有り難うございます^^
嬉しいです!
by 毬音 (2010-04-07 14:10) 

千華

下手くそな小説でごめんなさい(;ω;`)
こんなのでよければ、ご自身のHPに貼ってもらっても
かまいませんよ^^

コメント有難う御座いました^^
by 千華 (2010-04-07 16:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。